気になるニュース

気になるニュースについて
<< WBC連覇しましたね | main | 肺結核 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
WBC連覇しましたね
侍ジャパンWBCで宿敵韓国を破って
連覇しましたね。シーソーゲームで見ごたえの
ある試合でした。
大会当初から不調が伝えられてきたイチローでしたが、
最後のゲームでは今までの不調を吹き飛ばすかのように
ヒットを連発して延長10回では決勝点をたたき出しました。
やっぱりなにかついてますね。イチローにはw

WBC関連情報1


WBC関連情報2


WBC関連情報1関連情報2


WBC関連情報2


イチロー関連情報1


イチロー関連情報2


侍ジャパン関連情報1


侍ジャパン関連情報2


ダルビッシュ関連情報1


ダルビッシュ関連情報2




侍ジャパン連覇、延長の死闘制す…韓国に5−3



 【ロサンゼルス=山脇幸二】野球の世界一を争う第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで決勝が行われ、日本は、北京五輪金メダルの韓国を延長十回5−3で制し、2006年大会に続く連覇を果たした。



 日本は三回、小笠原道大(巨人)の右前適時打で先制。五回、韓国の秋信守(チェシンス)の本塁打で同点とされたが、七回に中島裕之(西武)の左前適時打で勝ち越し。八回には岩村明憲(レイズ)の犠飛で加点した。



 しかし、先発の岩隈久志(楽天)は八回、犠飛で1点差とされ、九回、ダルビッシュ有(日本ハム)が李机浩(イボムホ)に同点打を喫した。



 だが十回、日本は二死二、三塁でイチロー(マリナーズ)が、中前に、この試合4安打目となる決勝の2点適時打。日本代表初采配(さいはい)の原辰徳監督(巨人)が率いるサムライジャパンが頂点に立った。
<WBC>日本、世界一連覇! 宿敵韓国を延長十回5−3で破る


 第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦日本−韓国は23日、米ドジャースタジアムで行われ、日本は延長十回にイチローの一打が出て、5−3で破り、世界一の栄冠をつかんだ。原監督率いる侍ジャパンは、王貞治監督が率いた06年の第1回大会に続く連覇となった。



【侍ジャパンを写真と詳報で振り返る】WBC決勝 日本が韓国破り優勝



 韓国とは今大会4戦して2勝2敗の5分の成績で迎えた。同点で迎えた延長十回、日本は2死二、三塁からイチロー(マリナーズ)がセンターへタイムリーヒットを放ち、2点を勝ち越し。そのまま逃げ切った。



 試合は日本が初回、三回1死一、三塁で小笠原(巨人)がライトへタイムリーを放ち1点先制。その後、同点に追いつかれたが、七回無死一、三塁から中島がレフトへタイムリーを放ち、勝ち越した。さらに八回には、1死二、三塁で岩村(レイズ)がレフトへ犠牲フライを放ち、貴重な追加点を上げた。



 韓国は五回、唯一の米大リーガーである秋信守がセンターオーバーの本塁打を放ち、八回には1死三塁から李大浩のセンターへの犠牲フライで1点差に詰め寄り、先発・岩隈(楽天)は降板。さらに、九回から登板したダルビッシュ(日本ハム)を攻め、1死後、金賢洙、金泰均が連続四球。2死一、二塁として李机浩がレフト前へ同点タイムリーを放ったが、延長戦で力尽きた。



【関連ニュース】

【写真特集】日本が連覇! 第2回WBCを写真で振り返る

【侍ジャパンを写真と詳報で振り返る】WBC準決勝 日本、米国を破り決勝に

【侍ジャパンを写真と詳報で振り返る】WBC 日本、韓国を破り2次ラウンド1位通過

WBC:イチロー前回とはまた違った感慨

WBC:頂上決戦、ドジャースタジアムも熱く


WBC


WBC


イチロー


侍ジャパン


ダルビッシュ


| 日記 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - | pookmark |









http://icefixx001.jugem.jp/trackback/43
+ RECENT COMMENTS
+ RSSリーダーに追加

@FX
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ SPONSORED LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ