気になるニュース

気になるニュースについて
<< 藤原紀香と陣内智則が離婚!? | main | WBC連覇しましたね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ドロップ
ドロップ』が、20日から公開されましたが、とても順調な
出足だそうです。
ドロップ』は「」の品川 祐が、品川ヒロシの名義で
映画初監督作品となるものです。
ドロップ』は原作も品川の手による、自身の青春物語なので、
自分で映画化したかったんでしょうね。
主演が今人気のイケメン俳優の水嶋ヒロ成宮寛貴とあって、
その面でも話題性抜群です。

ドロップ関連情報1


ドロップ関連情報2


品川庄司関連情報1


品川庄司関連情報2


水嶋ヒロ関連情報1


水嶋ヒロ関連情報2


成宮寛貴関連情報1


成宮寛貴関連情報2


メイちゃんの執事関連情報1


メイちゃんの執事関連情報2




『ドロップ』完成会見

品川ヒロシ初監督作『ドロップ』大作に負けぬスタート


 お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐が、品川ヒロシ名義で映画初監督に挑んだ『ドロップ』が、20日(金)に全国144スクリーンで公開され、素晴らしい出足を見せた。20、21、22の3日間で観客動員19万7000人、興行収入2億4781万円を記録。『ヤッターマン』や初登場の『ワルキューレ』など拡大公開作品にはかなわなかったが、1スクリーン当たりでは、100スクリーン以上の公開作品では最も高い数字となった。

ドロップ』の1シーン

 『ドロップ』は、品川が自身の青春時代を描いた小説を映画化した作品で、成宮寛貴水嶋ヒロの2人が出演。客層は、中高生から20代の男女中心で、原作の知名度の高さ、成宮と水嶋の人気をはじめ、テレビを中心とした宣伝効果などがヒットの要因とみられる。製作は角川映画、吉本興業、NTTドコモの3社。配給の角川映画は、興行収入10億円以上を見込んでいる。

 洋画では、トム・クルーズ主演の『ワルキューレ』が、堅調なスタートを見せた。3日間で30万4000人、3億7939万円を記録し、20日公開作品ではトップの成績。ナチスドイツの内幕を描くサスペンスタッチの異色作だが、クルーズの来日をはじめとしたマスコミ露出の効果もあり、無難な出足だ。また、『おくりびと』の滝田洋二郎監督の新作として注目度が高かった『釣りキチ三平』は、厳しいスタートになった。配給の東映は、成績を明らかにしなかったが、3日間で1億円に届いていないもようだ。

滝田洋二郎


釣りキチ三平


ワルキューレ


おくりびと


トム・クルーズ


水嶋ヒロ


成宮寛貴


ドロップ


品川庄司


| 日記 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - | pookmark |









http://icefixx001.jugem.jp/trackback/41
+ RECENT COMMENTS
+ RSSリーダーに追加

@FX
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ SPONSORED LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ